紫外線アレルギー

紫外線アレルギーじゃなくて「赤ら顔」では?

紫外線アレルギーだと思っていた私の友達が、じつは「赤ら顔」だったということがありました。

紫外線アレルギーと赤ら顔は初期症状がとても似ているので間違えてしまうことが多いようです。
具体的には頬、鼻、顎などの顔全体が赤くなる症状で紫外線アレルギーと誤解してしまいます。

この症状なら「赤ら顔」の可能性もあります。

紫外線アレルギーとはどんな症状?

紫外線アレルギーとは、日光や日光の紫外線が原因で起こるアレルギー反応のことです。
日光に対する体の反応が過剰になり、普通の人よりも皮膚が敏感に反応して異常が起こります。
具体的には

【皮膚の症状】

・赤く腫れる、水膨れ
・湿疹
・かゆみ

【目の症状】

・充血
・かゆみ
・異物感

【全身症状】

・頭痛
・発熱
・吐き気

というものです。

目や関係なさそうな頭痛や発熱など全身症状が出ることもあります。
気になったら皮膚科に相談してみましょう。

赤ら顔の症状は?


赤ら顔の症状は紫外線アレルギーよりも症状は軽いです。
具体的には

・頬、鼻、アゴがいつも赤い
・メイクしても隠れない
・暑くもないのに顔が赤い
・皮膚が薄くて毛細血管が透けて見える
・ニキビあとの赤み
・顔だけ赤い

というもの。

紫外線アレルギーを疑っている人は、赤ら顔も疑ってみたほうがよさそうです。

私の友達はこの化粧水で良くなったみたいですよ。

紫外線アレルギーの原因は?

紫外線には人それぞれに抗体量というものがあります。花粉症と同じように、この抗体量をオーバーすると
アレルギー症状が出てしまうというものです。
抗体量というバケツから溢れてしまうと発症してしまうのです。
また、アルコール性肝障害やC型肝炎、過度なダイエットが原因で発症するケースもあります。

あとは、ふだん服用している薬や化粧品、日焼け止めの成分が肌に合わないという理由で発症することも。

とくに日焼け止めは紫外線吸収剤が配合されています。日焼け止めは紫外線から肌を守りますが、紫外線を吸収して化学変化すると光毒性を持つことがあります。これでは本末転倒なので症状が軽いうちに専門医に相談してみましょう。

 

サイトマップ